Earth Cube

低温熱分解炉

S o l v e   a   p r o b l e m

EARTH CUBEは、セラミック灰の製造機として開発され、従来のゴミ処理と一線を画するシステムです。その処理は、磁性体流による連続的な化学反応生じさせることで有機物をセラミック灰へと分解処理します。

しかもEARTH CUBEは低温でこの分解処理が可能であるため、消防庁規定の「焼却炉」には該当しないとの承認を得られており、設置場所などの制限はありません。(鉄製のゴミ箱として分類される)

地球環境保護へ-ゴミ処理の未来のカタチ-

『EARTH CUBE』 は従来の焼却炉のゴミ処理機とは全く異なったシステム(磁性体流低温熱分解)の有機物処理機です。焼却炉でない為、有機物の処理に化石燃料等は一切かかりません。 またダイオキシン等の排出もきわめて抑制され、地球環境の保護にも大きく貢献します。処理物としては、鉄・陶器・貝殻・ガラス・銀紙・ガラス繊維等以外の有機物はほとんど処理いたします。

焼却炉と熱分解装置の比較

コスト・環境・運用の様々なメリット

設置コストについて
  • 化石燃料費がゼロ
  • 電気代、水道代合わせて毎月約 3 万円弱
  • 地下でも屋上でも設置可能
  • 設置は車駐車場約 1.5 台分
地球環境や人体への影響について
  • 磁力の人への影響は全くなし
  • 最終灰は、年間重量の 1/300
  • 限界酸素(約 5%)しかない為、ダイオキシン微量
  • 悪臭検査に合格
  • タイヤを分解しても黒煙は一切出ない
  • 最終灰は、肥料又は耐久補強に役立つ
機械について
  • 最終灰の輸送の必要なし
  • 1日の管理時間が 2 時間程度
  • モーター類又は電気類が無い為一生壊れない
  • 機械は磁力で覆われている為、鉄がさびない
  • 振動・騒音一切なし
  • 炎が出ないので安全

ほとんど全ての有機物を分別なしで分解処理

  • 処理できるもの

    • 石油製品

      プラスチック・発泡スチロール・ポリ袋・ビニール・ トレイ等

    • 水産、 漁業廃棄物

      魚のアラ・魚網等

    • 生ごみ、食品残渣
    • 畜産廃棄物

      馬糞・牛糞・畜舎の藁等

    • 紙製品

      雑誌・カタログ類・電話帳等

    • 布製品

      衣類・ぬいぐるみ等

    • 樹木類

      庭木・枝・木爭・おがくず・解体木材等

    • 医療廃棄物

      ペットシーツ・紙おむつ等

  • 処理できないもの

    • 金属類
    • ガラス
    • 石材・石膏ボード
    • アスベスト・コンクリート
    • 電池類
    • 会社通念上処理してはいけないもの

焼却炉と全く異なる『磁性体流低温熱分解』システム

アースキューブでの副産物(生成物)

セラミック灰

投入物のほとんど(有機物)が、最終的にセラミック灰になります。セラミック灰は高濃度のマイナスイオンが発生するので、壁紙の糊に混ぜ込む等の使い方があり、畑の肥料としても可能です。

排出液(酢液)

本体の排水バルブから弱酸性の木酢液様の廃液が生成されます。 タール状の残滓はすくい取り再び炉の中に入れ処理します。酢液 は市販の木酢液と同様に 500~1000 倍に薄めて害虫駆除として散布して使用できます。

主要導入先

国内だけでなく海外からの問い合わせが増加しています。

  • フロン回収処理事業所(沖縄県)
  • 産業廃棄物処理事業所(三重県)
  • 食品加工事業所(静岡県)
  • 総合病院(福岡県)
  • 大手医療機関(全国)
  • 大手食品加工事業所(予定)

本体の種類及び仕様

比重計算:廃プラ=0.35、木くず=0.55、紙くず=0.17、繊維クズ=0.12、ゴムくず=0.52、動植物残渣=0.80、感染性産業廃棄物=0.30、汚泥=1.10、動物の死体=1.00
※仕様は予告なく変更する事があります。

アースキューブがフィリピンの報道番組で紹介されました